事業部紹介

学習塾業界をリードするリーディングカンパニーを目指して

こども英語事業部

アンイングリッシュクラブ

アンイングリッシュhalloweenイベント写真事業内容

楽しいだけの英語遊びになりがちの子供英会話教室が多い中、それらの英語教室とは一線を画した指導内容で、

「日本にいながらにして、
最短5年で話せるようになる英会話教室」

を標榜する唯一の子供英語教室。
フォニックスを徹底的に指導し、TPR・Q&Aについても、日々研究・実践している。
平成30年60教場クラブ生4,000名目標。
毎年恒例のイベント「ハロウィンパーティー」は800人以上ものこども達及び保護者様が参
加して開催されます。


江口先生写真江口 実佳子

2011年度より小学校にも英語教育が授業の一環として
取り入れられることになり、益々英語教育への需要が増えてきています。
特に幼児・小学生のお子様のニーズは非常に高まっており、
アンイングリッシュクラブは今後もますます発展していくと思われます。
ただ楽しいだけの英会話教室では発展は望めません。
私共は「本当に力のつく英会話教室」として発展していくことが使命だと考えます。

保育・学童事業部

アンインターナショナルスクール

事業内容

グローバリズムが進む今日、女性の社会進出も進み、
社会的地位のある女性も増加し、
出産後すぐに職場復帰を望む女性が少なくない事から、
安心して働く事が出来るよう、従来からあるような
預かるだけの保育園ではなく、預かっている時間に
しっかり教育をしてくれる保育園のニーズが増加しています。

そこで名大SKYは英語のみならず、母語である日本語教育を大切にした
二言語教育及び右脳教育を中心とした能力開発教育も行う保育園を開園しました。
預けるだけでバイリンガルに育つ、難関小学校に合格出来る。
そんな保育園を目指しているのがアンインターナショナルスクールです。


岡本 美沙岡本 美沙

日本のモラルやマナーを基盤として協調性を学んだり脳の発達を促す指先知育を取り入れると同時に、英語を話せる環境を活かして乳幼児期からグローバル社会に適応できるボーダーレスな考えを培うお手伝いをしています。教科書通りの受け答えでなく、実際にネイティブ講師とコミュニケーションをとることで、生きた語学や価値観が身に付きます。英語を楽しく、身近に感じていただけるよう愛情たっぷり保育しています。

幼児教育事業部

事業内容

昨今、少子化がすすむ中、両親がひとりの子供にかける思いは非常に大きなものがあり、
その思いに応える教育機関の普及が望まれるところ。
しかし現在、なかなか良い幼児教室がないのが現状です。
そんな中で登場したのがこのリトルゲイツである。
誰もが通うことのできる授業料で、しかも右脳開発、言語教育、数的処理など、
様々な能力開発を組み合わせた教育を提供。
平成27年度より教材販売を予定。


鈴木 真穂

早期教育は非常に大切であり、
人間の脳は6才までに大部分が形成されると言われています。

核家族化が進む今日において、かつて日本が大家族だった頃、
子供たちが普通に教えてもらった当たり前のことが、
当たり前でなくなりつつあります。
そんな日本人が失いかけているものを補い、そして昨今の大脳生理学の進歩により
明らかになってきた、様々なことを指導カリキュラムに取り入れて指導しています。

そろばん事業部

アンそろばんクラブ

事業内容

子供の教育の基本は、「読み・書き・そろばん」と言われたものでしたが、
電卓やパソコンの登場により、そろばん教育は時代遅れのレッテルを貼られ、
人気が年々低下していましたが、それも今や昔。
そろばんは「右脳教育に役立つ」「子供の能力育成に最適」と、
いまや日本以上に北米・南米・アジアの国々で大人気。
学力低下が著しい日本の子供達を救うのはそろばんかもしれません。
名大SKYグループは愛知県下No.1のそろばん塾を目指しています。


平野浩一平野 浩一

「イメージトレーニング」と言う言葉がありますが、
それを最も具現化した教育がそろばんです。
我々は、旧来の教育としてではなく、
最新の能力開発としてそろばん指導を行っています。
学習塾で培ったノウハウに、
そろばんの持つこどもの能力開発システムが融合し、理想のそろばん教室が誕生しました。

頭に思い描いた数字をそろばんを使って具体化していく。
そんな、今の学校教育では行われない、積極的な学習姿勢を育む教育がここにあります。

学習塾運営事業部~中学入試部~

合格EXPRESS四谷大塚

事業内容

名大SKYの中学入試部はひとり一人の進度・ニーズ・理解度に合わせてカリキュラムを作成し
合格に導く合格エクスプレスと
四谷大塚のカリキュラムに沿って指導するSKY四谷コースの両方があります。
どちらのコースも集団授業に2~3名の個別指導を組み合わせることで、
取りこぼしを少なくし、確実に学力をアップさせます。
その積み重ねで毎年高い志望校合格率を維持し、
ほとんど全ての子供達を第一志望または第二志望の中学に合格させ続けています。

都築潤都築 潤

尾張旭・守山地区で
他の追髄を許さない圧倒的な進学実績を誇る名大SKYの中学入試部です。

四谷大塚受験コースでは、講義+マンツーマン指導でカリキュラム学習を
家庭教師いらずで活用できます。
南女・東海・滝・淑徳・南男・名古屋・愛知・金城といった
難関・上位校の実績を輩出している環境です。

合格エクスプレスは、中堅校受験に特化した完全個別指導環境です。
習い事と並行しながら学習を個別にカスタマイズできます。
春日丘・愛工大・椙山などの中堅受験を徹底サポートします。

聖霊受験に特化するなら、聖霊エクスプレスです。
その名の通り、聖霊受験のみ絞り込んだカリキュラムで、
一年間だけの学習で合格を勝ち取る専門コースです。

 

学習塾運営事業部~小・中学部~

事業内容

進学塾は寡占化が進み、各県ごとに上位ブランド塾の位置が定着しており、通常の手法では今から上位シェアを獲得することは困難であると思われる。その一方で中学生保護者層賃金が伸びず、可処分所得が減少しているため通塾率が低下し、中1・中2生のうちは通信添削等で代替する動きもみられることから、そこに勝機を見出し「週1回5教科指導で1万円」の進学塾を保護者に提案することにした。部活等で忙しく週3回通うことが難しい子供達でも、成績優秀者であれば週1回の通塾で充分な成果を提供できると判断したからである。この戦略が成功するか否かの評価には時間がかかるものの、成績優秀者が徐々に集まってきており、それなりの結果が出てきている。2020年には「成績優秀者は週1回通塾で充分だよね」って言ってもらえる評判を構築したい。

 


村林靖弘村林 靖弘

 「週1回の指導でどこまで成績を上げることが出来るのか」という事に挑戦して3年目になりますが、実際に指導してみると意外にも、指導回数と成績上昇に相関関係はなく週1回の指導で充分に成果は出ています。あとはそのことをどのように保護者の皆様方に伝えていくのかがテーマです。名古屋・尾張地区第3位の進学塾を目指します。

須田塾事業部 ~須田塾~

事業内容

須田塾は岐阜市において60年の歴史をもつ塾です。
2013年より名大SKYと経営を統合しその傘下に入りました。
主な事業内容は、
幼児・小学生を対象としたアンイングリッシュクラブとアンそろばんクラブ、
小学生高学年から中学生・高校生を対象とした塾運営の3つです。
長年かけて築いた地域の信頼の上に名大SKYのノウハウを加えて、
名大SKYグループ岐阜県進出の拠点となるべく積極展開しています。
また須田塾のベテラン講師陣の教務力を活かし、
名大SKYの誇るeteabher等のコンテンツ作りや
今後のM&Aのモデル校として、そのノウハウ蓄積の為の実験的運営も行っています。


須田 眞須田 眞

技術がいかに進歩しても教育は人です。
長年塾の運営にたずさり、
人、即ち講師の質にこだわった経営をしてまいりました。

現在は名大SKY須田塾事業部長兼塾長として、
須田塾の運営と
名大SKYグループの岐阜県進出の足がかりを作る仕事をしています。
塾業界30年の経験を活かし、塾長としての仕事の他、
行政や公立学校、私学、メディア、業界団体や異業種との交流・交渉も私の守備範囲です。

教材製作事業部

FEsystems

業務内容

「中学生用ビデオ教材」として学習塾業界初のヒット作「TVL」を手がけました。
平成11年の「TVL」発売以来、
JR高島屋、紀伊国屋書店等でも発売中の「新時代問題集」をはじめ、
「eBASIC」小学算数「完璧マスターズ」など
オリジナリティーあふれる多種多様な教材を製作販売。
ユーザー数は全国に300塾を越える。
平成21年より「e-Teacher」ネット配信開始。


関山 耕介関山 耕介

近年e-learningが普及し、
マルチメディアを利用した研修は
様々な業界の企業に取り入れられてきています。
学習塾業界でも同様であり、
近年パソコン等の映像を利用したコンテンツが普及してきています。
当社が製作販売しているTVLは
学習塾部門で子供たちの反応や結果をチェックしながら
試行錯誤を繰り返して作られた教材です。
現在全国300教場約20,000名の子供達に使用されています。

事業統括部

業務内容

全事業部の司令塔として、
事業計画から予算管理、労務管理、売上管理までの一切を統括します。
新規事業の立ち上げから、不採算事業の再構築までを決定します。
「企業は人なり」といい、その会社が伸びるか否かは全て、
その組織を構成している人にかかっているといっても過言ではありません。
そんな大切な人材の採用から、ブラッシュアップまでを担当するのがこの部門です。
まさに、会社の中枢部です。


高岡暁雄高岡 暁雄

私は様々な事業部の統括をしております。
無駄がなく効率的に事業を運営するためには、
社内の状況を見極める判断力が必要となります。
さらに当社のような急成長しつづけている会社の場合、
色々な新規事業が目白押しですが、
その中でも伸びるもの、伸びないものを厳しく選別することが非常に大切な仕事です。
スクラップ&ビルドを常に心掛け、不採算事業を最小限におさえる努力をしています。

このページの先頭へ