New Sky

月間カレンダー

New Sky 2月号 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。日頃は私共の指導方針にご賛同いただき、大切なお子様をお預けいただきまして本当にありがとうございます。今年もお父様、お母様、保護者の皆々様のご期待にそえるような指導を行っていくため、一生懸命努力していきたいと思いますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

とかく入試制度改革といいますと大学入試改革に目が行きやすいため「まだ先のことかな~」と考えがちでありますが、2021年度入試で中学受験をすることになる現小2生は、もしかしたら中学受験に英語が入試科目に追加される中学校があるかもしれませんので、中学校受験を考えている保護者様は今のうちから英語に慣れておくことが必要です。

さて、私ども名大SKYといたしましても、昨年は大きな一歩を踏み出した年でした。長年にわたって制作並びに改良を進めてきた、「らくらく予約システム」ですが、昨年の7月より、授業中の様子や指導状況がわかる「講師日報転送機能が付きました」そのことにより、保護者の皆さまにお子様の様子をよりスピーディーに把握していただきやすくなるとともに、保護者様の思いもリアルタイムに受け取れるようになり、現場の講師たちも大変指導しやすくなったと言っています。(ぜひとも、保護者様からの声を講師にご返信ください)そして外国人講師からの報告は英語のままで転送させていただいています。英語のコメントに対し、日頃はお仕事等でお忙しくなかなかお子様の塾での学習の様子を気にかけている時間が無いお父様から、ご返信をいただくことも多いようで大変うれしく思っています。

アンイングリッシュクラブの授業は「留学をイメージした授業で、楽しく外国人と話をしながら英会話を身に付ける」をポリシーに指導していますので「英文法や単語暗記」などはカリキュラムに入っていません。(日本人が国語の文法を考えながら日本語を話さないのと同様です)しかし英会話力がついてきた保護者様からは英文法も指導してもらいたいという声があるのも事実です。英文法の指導を希望される保護者の皆さまには、出来るだけ安く手軽に学習できるように月々500円で在宅学習出来るイーラーニング教材「エデュプラス」をご紹介させていただいていますが、昨年になってようやく普及してきた気がします。(アンイングリッシュクラブでは以前、英会話+英文法を学ぶ90分授業で10000円のクラスを行っていました)

またもっと英語を書くことや、英単語を覚えさせることをしてほしいとの声にお応えして、今春よりひまわりキッズ内に「英単語検定」を追加することに致しました。ひまわりキッズの英単語検定はアンイングリッシュクラブテキストに出て来る「会話に直結する英単語+中学校で良く出てくる単語」で構成されています。ゲームの様に楽しく学ぶというひまわりキッズの授業スタイルの中で、楽しく英単語を書く練習をしてもらい自然に書く力も身に付けてもらいたいと考えて教材を作成いたしました。

今年は英語の話が中心になってしまいましたが、春期講習会より「あま本部校」において「進学塾サミット」「ひまわりキッズ」がオープンします。今年2年目になる「習字の筆っこ」はもっと身近な教室で開講してほしいとの声にお応えして教室を広げていきたいと考えています。アンそろばんクラブは子供たちのそろばん力アップに努めるため、教材をバージョンアップし続けるとともに、新しい暗算トレーニング法を鋭意開発中です。今年も講師一同、新しい指導、より良い指導を探求し、名大SKYグループ生の学力向上のため頑張っていく所存です。今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

学長 酒井秀樹

New Sky 2月号 習字の筆っこ冬期講習を開催しました

4月に開講した筆っこの初めての冬期講習が12/17(土)と12/27(火)に行われました。「年賀状を書こう!」「書き初めを書こう!」という2本立ての冬期講習でしたが、特に盛り上がったのは「年賀状」冬期講習でした。
いつも筆っこに通っている生徒も半紙以外に筆で文字を書くのは初めての体験。「楽しんでもらえるだろうか…」「みんな上手に書けるかな…」と私たち講師も半信半疑でした。

しかし、講習が始まってみると、チーフの宇佐見先生が用意した様々な書体の「酉」お手本に、参加してくれた子の目がキラーンッと輝きます。ウォーミングアップ↓なぞり書き練習↓お手本なぞりと進み、いよいよ年賀状に清書する時になると、「私はこの字を書きたい」「じゃあ、私はこっちの字」と、お気に入りのお手本を選び、一生懸命筆を走らせていました。

私自身も筆で年賀状を書いたことはなく、友人の結婚式で筆ペンを使って名前を書く程度でしたが、今回の講習に参加してくれた子ども達の笑顔と、その生き生きとした年賀状を見ていると、「来年は自分も筆を使って年賀状を書いてみようかな」と、ちょっとその気になってしまいました。

もう一つの冬期講習「書き初めを書こう」に参加してくれた子は「家で書くよりも集中できてあっという間に書き終わったよ♪」「先生に教えてもらうと、習字も意外と簡単だった」などなど、いつもより上手な字がかけたと満足気な顔をして帰っていきました。

鉛筆ともペンとも違う「筆」を使って文字を書くことの楽しさを少しでも体感してもらえたようで、とても微笑ましい年末になりました。

このページの先頭へ